安全・安心な空の旅をお届けするために

お客様に安心してご利用いただくために行っている様々な取り組みをご案内いたします。ご旅行前にぜひご覧ください。

チェックイン・ご搭乗・機内

重要:本ページでご案内している内容は主にハワイ州内の各空港およびハワイアン航空運航便の機内で実施している取り組みです。
ハワイ州外の空港や他社運航便をご利用の際は、現地空港また各航空会社のガイドラインに従ってください。

どちらからハワイへご旅行ですか?

日本からハワイへ渡航
2021年11月8日(米国東部標準時)より、海外から米国に到着する渡航者に対し新たな入国要件が課されました。米国へ入国する18歳以上の外国人渡航者は、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を完了していることが入国の必須条件となります。これにより11月8日以降、日本からハワイへの直行便でハワイへ渡航される場合には、ハワイ州セーフトラベルズプログラムが不要になります。アメリカ本土・準州経由の渡航者は従来通り、登録が必要です。米国市民権の種類やワクチン接種状況により要件が異なりますので、詳しくは米国入国要件についてをご確認ください。条件を満たさない場合は搭乗することができません。ご出発前の準備は日本路線ご利用のお客様へをご参照ください。

ハワイ諸島間の移動 の場合、事前検査、ワクチン接種完了証明書、ならびに自己隔離が不要となりました。また、ハワイ州セーフトラベルズプログラムへの登録が不要になりました。ただし、ハワイ州外から到着しハワイ諸島間の移動をする方は、自己隔離免除の条件を満たさない場合は、5日間自己隔離が義務付けられています。詳しくはこちら。

アメリカ本土からハワイへ渡航 の場合、F.D.AまたはWHO承認のワクチン接種を完了している方は、ハワイ州事前検査プログラムならびに自己隔離が免除されます。未接種の方で自己隔離免除をご希望の場合は、従来通り最終経由地出発72時間以内に新型コロナウイルス感染症検査を受診、陰性証明書を入手、ハワイ州セーフトラベルズプログラムにアップロードすることが必要です。詳しくはHawaii COVID-19 Travel Information Center(英語)をご参照ください。

知っておいていただきたいこと

体調が悪いときはご旅行をお控えください。 空港にて到着旅客の検温を実施している場合があります。(各島により異なります。)発熱が確認された場合は、到着した島での自己隔離が義務付けられています。チェックインの際、健康状態の確認をさせていただきます。

ハワイアン航空のモバイルアプリをご利用ください。 チェックインの際、係員との接触を減らすことができます(英語のみ対応)。パスポート等のチェックは対人での応対になります。 アプリをダウンロードする

機内への優先搭乗を再開しました。 ハワイ時間5月1日より機内前方から順に搭乗のご案内をいたします。ファーストクラス・ビジネスクラスのお客様はいつでもご搭乗いただけます。

マスクの着用。米国連邦法により、2歳以上のすべてのお客様にマスクの着用が義務付けられています。マスク着用義務について詳しくはこちらをご覧ください。

空港へは余裕を持ってお越しください。 ハワイ諸島間線をご利用の際は出発1.5時間前、アメリカ国内線は出発2.5時間前、国際線は出発3時間前が目安です。日本路線ご利用のお客様はこちらをご覧ください。

機内の衛生管理を徹底しています。 機内清掃をさらに強化し、また各種機内サービスを変更することで、直接的な接触を減らすようにしております。詳細は 安全・衛生への取り組みをご覧ください。

TSAは現在、米国発の運航便については、保安検査を受けた12 oz(約350 ml)までの液体手指消毒剤の機内持ち込みを許可しています。注:日本発の運航便については、従来通り100ml未満の容器に入れてください。容量1L以下の透明なジッパー付きの袋に入れた場合は、手荷物として機内に持ち込み可能です。
 
お客様の客室乗務員との接触をできるだけ減らすため、機内ドリンクサービスの回数を少なくしております。そのため、ウォーターボトルをご持参されることをおすすめします。

安全・衛生への取り組み

ハワイアン航空ではお客様と従業員の健康と安全の確保を最優先とし、引き続き保健機関が推奨する対策事項に基づき、空港施設や機内の清掃を徹底し、安全・衛生への取組みを強化しています。

詳細は 安全・衛生への取り組みをご覧ください。