エグゼクティブ シェフ

リー・アン・ウォン シェフ

リー・アン・ウォン シェフについて

エグゼクティブ シェフのリー・アン・ウォン氏はハワイのホノルルにあるココ ヘッド カフェのシェフ兼オーナーです。ニューヨーク州トロイ出身のウォン氏は、インターナショナル カリナリー センター (略称 ICC、前身はフレンチ カリナリー インスティテュート) を卒業し、マーカス・サミュエルソン氏の Aquavit で料理修業を積んだ後、ジャン=ジョルジュ・ヴォンゲリヒテン氏の中国料理店である Restaurant 66 の開店時には重要な役割を果たしました。

またウォン氏はこれまで「アイアン シェフ アメリカ」、「チョップド」、「チョップド ジュニア」といった数多くのテレビ料理番組に出演したほか、「ユニーク イーツ」シリーズではレギュラー コメンテーターとして登場しています。また、bravotv.com での自身のウェブ番組「The Wong Way to Cook」や Food Network の 1 時間スペシャル「Food Crawl with Lee Anne Wong」では主役として出演しています。

アイランド スタイルのお料理

ウォン氏は、2013 年後半にニューヨーク市からホノルルに移住し、2014 年にカイムキ地区でアイランド スタイルのブランチ ハウスであるココ ヘッド カフェをオープンしました。カフェは世間から絶賛され、ウォン氏は雑誌『ホノルル』の表紙を飾るとともに、『ボナペティ』や『フード&ワイン』といった雑誌、『ホノルル スター アドバタイザー』や『ハフィントン ポスト』といった新聞に掲載されるほど有名となっています。

ウォン氏は初の料理本である『Dumplings All Day Wong』を 2014 年 8 月に発表しました。彼女のブランドは世界に広まり続け、2015 年には Hawaiian Airlines の料理チームに加わり、2016 年秋にはニューヨーク市に Sweetcatch Poke をオープンしました。

素晴らしい高みでのアイランドスタイルのお料理

リー・アン・ウォン シェフによるハワイと世界を融合したお料理をプレミアム キャビンでお楽しみください。国内フライトのファースト クラスのご搭乗者および国際フライトのビジネス クラスとメイン キャビンのご搭乗者向けのお食事は、当シェフが考案および監修いたします。