Headline

2016年7月23日
ハワイアン航空
7月18日(月) ハワイアン航空458便
羽田空港緊急着陸の原因について


2016718日(月・祝)1時32分頃に発生いたしました、羽田発ホノルル行のハワイアン航空458便の羽田空港への緊急着陸につきまして、原因についての調査結果を以下の通りご報告申し上げます。

記、

原 因 : ①油圧装置の圧力低下について
機体の3系統の油圧装置のうちの1系統の作動油が、機体の中央部分に位置する
高圧力マニフォルドから漏れ出たため、コックピット内の油圧計器に低下の表示が点灯。

②作動油漏れの原因
高圧力マニフォルドフィッティングによる漏れ。

③タイヤのパンクについて
機体には様々な冗長化システムが装備され、異常が発生した場合、操縦席において 予備システムに切り替えることができます。今回の事象において、主要ブレーキ装置の 油圧の低下により、機長が、着陸後予備ブレーキを使用して減速し、機体は安全に停止 したが、その際メインギアのタイヤがスキッド状態(タイヤがロックした状態)での停止に なったため、タイヤが損傷し、メインギア8本中4本の タイヤが破裂(バースト)した状態 となる。ハワイアン航空のスタッフおよび整備のパートナーが、滑走路から機体の牽引す る前に破損したタイヤを交換する必要があると判断。タイヤ交換後、滑走路を移動。

当該機について : 作動油漏れの修復、ブレーキ交換の実施後、720日(水)1654分に回送 便としてホノルル空港へ向け、出発いたしました。

以下は、718日に発表しました、緊急着陸についての概要となります。

事案発生日時 : 羽田空港出発:2016717日(日) 2350
羽田空港着陸:2016718日(月・祝) 132分頃 (717日深夜)
便名及び機種 : ハワイアン航空 458便 / エアバス社A330-200
羽田空港発 – ホノルル空港行 (定刻:7172355分発)
搭乗人数 : 乗客280名、乗員13名 計 293
緊急着陸概要 : 羽田空港を1723:50に出発後、046分頃、油圧低下を知らせる計器の 表示を確認したため、機長の判断により、羽田空港への着陸に向け進路変更。 1時32分に羽田空港C滑走路(34R)に安全な状態で着陸。
当事案による乗客の皆様、乗員に怪我や体調不良などの報告はございません。

以上

改めまして、当事案により、乗客の皆様並びに関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をお掛けいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

本件に関するお客様からのお問合せ先:
ハワイアン航空 コールセンター TEL: 0570-018-011 (営業時間9:1517:30) ※土曜・日曜を除く