プリクリアランス(事前審査)

Headline

ハワイへ渡航の際のプリクリアランスについて

ハワイ州は、新型コロナウイルス感染症の陰性証明書を提示することで、ハワイ到着後の10日間自己隔離を免除する事前検査プログラムを対象国を限定して実施しています。日本を出発する72時間以内にハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関にて、厚生労働省により承認されているPCR検査を含む核酸増幅検査を行い、ハワイ州保健局が指定する陰性証明書(英語)を提示することで、ハワイ到着後の10日間の自己隔離が免除されます。日本からご出発する方を対象としたハワイ州事前検査プログラムについて、詳しくは ハワイ州政府観光局新型コロナウイルス情報サイト をご確認ください。なお、アメリカ国内/アメリカ合衆国の海外領土にてワクチン接種を完了しているアメリカ本土からの渡航者に限り、事前検査プログラムならびに自己隔離は免除されます。アメリカ本土からの渡航者は、CDC発行のワクチン接種証明書を必ずハワイ州セーフトラベルズプログラムへアップロード、ハワイ州到着時に持参、提示が義務付けられています。

ハワイアン航空運航便ご利用で、ハワイ州事前検査プログラムを利用してハワイに渡航するお客様は、「プリクリアランス(事前審査)」の対象となります。プリクリアランスは、ハワイアン航空の空港係員が出発空港で新型コロナウイルスに 関する書類審査を行うことで、ハワイ到着後に行うセーフトラベルズプログラムの手続きが必要なくなります。

プリクリアランスには次のステップをご出発前に完了してください。

  1. 各渡航者につきセーフトラベルズプログラム(Safe Travels Program)への事前登録
  2. 乗り継ぎ便を含めフライトごとにQRコードの取得
  3. 出発の24時間以内に、登録の際、旅行・健康に関する質問票も完了
  4. 出発の72時間以内に日本国内におけるハワイ州指定の医療機関にて新型コロナウイルス感染症の検査を行い、出発前に陰性証明書(英語)をPDFにしてセーフトラベルズプログラムにアップロード(原本も必ずご持参ください)
  5. CDC発行のワクチン接種証明書を入手していてアメリカ本土から出発する場合、セーフトラベルズプログラムにアップロード(原本も必ずご持参ください)

プリクリアランスを行うため、事前にご準備いただいた書類を出発空港にて確認させていただきます。上記のステップを完了した場合でもプリクリアランスを確定するものではありません。従来通り指定の陰性証明書のご用意がない場合は、ハワイ到着後に10日間自己隔離となります。

プリクリアランス対象空港

    国際線

  • 成田国際空港 (NRT)
  • 関西国際空港 (KIX)
  • 仁川国際空港 (INC)
  • Faaa International Airport (PPT)
  • 米国国内線

  • Austin-Bergstrom International Airport (AUS)
  • Boston Logan International Airport (BOS)
  • John F. Kennedy International Airport (JFK)
  • Long Beach Airport (LGB)
  • Los Angeles International Airport (LAX)
  • McCarran International Airport (LAS)
  • Norman Y. Mineta San Jose International Airport (SJC)
  • Oakland International Airport (OAK)
  • Ontario International Airport (ONT)
  • Orlando International Airport (MCO)
  • Phoenix International Airport (PHX)
  • Portland International Airport (PDX)
  • Sacramento International Airport (SMF)
  • San Diego International Airport (SAN)
  • San Francisco International Airport (SFO)
  • Seattle-Tacoma International Airport (SEA)