特集記事

文化 食品エンターテイメント

ハワイアン フードの味わい方

初めてのハワイ料理を地元の人のように堪能するヒントをご紹介します

overview

ハワイアン フード レストランに行列ができるのには理由があります。ポイ、カルア ピッグ、ロミ サーモン、ハウピアが並ぶごちそうはハワイ料理の真髄であり、シャカのサインやサーフィン、風上 (ウィンドワード) となる北東側で降る雨や、山側で降る雨 (マウカ シャワー) と同様に島の生活の一部となっています。

現地の人は幼い頃からハワイアン フードを食べています。ポイはハワイの赤ちゃんに最初に与える固形食です。子供が成長し、進学したり出張に行ったり遠い町で暮らしたりするようになると、地元に帰ったらなじみのハワイアン レストランでまず何を食べようかと飛行機が着陸する前から考え始めます。

初めてのハワイ料理を地元の人のように堪能するヒントと、入門におすすめの人気料理をご紹介します。これを読めば、ハワイアンらしく料理を楽しめるでしょう。

いろいろな料理を注文してシェアしましょう。ハワイアン フードの魅力は、対照的な味わいが互いを引き立て合うところです。肉料理、クリーミーな料理、塩味や甘味の強い料理、でんぷん質の料理など、あらゆる味わいを大皿に盛って楽しむのがハワイ流。特に気に入った料理があったら追加注文すればよいのです。

スプーンとフォークをあちこち動かしましょう。スプーンでロミ サーモンをすくったら、その上にポイも乗せて食べてみましょう。今度はスクイッド ルアウとカルア ポークを一緒に乗せて、お口へ。いろいろな組み合わせを試してみてください。すべては味のバランスです。

Lomi

そして、最初から最後までスプーン 1 本で食事をしても大丈夫。特にポイを食べるときはぜひスプーンを使ってください。

ポイは少なめに注文しましょう。現地の定番料理とはいえ、初めはポイの味になじめないかもしれません。また、ポイは手間のかかる料理で、原料のタロイモ (カロ) は、雨などの気象条件に影響を受けやすい作物です。現地では不作も心配されることがあるので、ポイに初挑戦する際は、まずは少なめに注文することをおすすめします。

ポイがちょっと苦手なら、ライスをどうぞ。もうお分かりのように、大切なのはバランスです。ハワイアン ソルトは、カルア ピッグや、ラウ ラウ、ロミ サーモン、ピピカウラの他、ハワイ風ビーフ シチューやソルト ミート ウォータークレス (牛肉とクレソンのスープ) などの人気料理の味を引き立てます。「オノリシャス」 (「おいしい」を意味するハワイの言葉「オノ」と「デリシャス」を合わせた造語) な料理の数々は、でんぷんとの相性も抜群です。

lau lau

ラウ ラウかカルア ピッグか。豚肉好きなら両方どうぞ。どちらもハワイアン ソルトで味付けしたジューシーな豚肉の料理です。ラウ ラウは軽く蒸したルアウ (タロの葉) で豚かたまり肉を包んだ料理で、カルア ポークは地面を掘って作ったオーブンで焼いた豚肉を熱いうちに細かくほぐして味付けした料理です。

Poke

人気のポケ、実はハワイアン フード。米国本土で大流行の食べ物ポケ (ポキ) はハワイの伝統料理です。レシピはレストランごとに違います。ヘレナズ・ハワイアン・フーズでは、伝統的な調理法を重視しています。ポケに醤油は使わず、アヒ (マグロ) に生のオピヒ貝がトッピングされることもあります。ヤマズ・フィッシュ・マーケットのテイクアウト用ハワイアン プレートでは、ポケの種類をアヒ、タコ、スモーク サーモンから選ぶことができます。

luau

ほうれん草料理が好きならルアウがおすすめです。タロの葉を使ったルアウは特に食欲をそそる外見ではありませんが、見た目も食感もほうれん草のクリーム煮に似ていて、ココナッツ ミルクのコクとかすかな甘さが絶妙なおいしさを織りなす料理です。ほとんどのハワイアン レストランではスクイッド (イカ) のルアウがメニューにあり、鶏肉のルアウを提供する店もあります。

ソース容器に入った薄いオレンジ色の調味料の正体。それは、自家製チリ ウォーターです。カルア ピッグやラウ ラウ、ターキー テイルのフライなどの肉料理にぴったりです。激辛ではなく、まろやかな辛さです。

ダイエットは忘れて、腹ぺこでどうぞ。伝統的なハワイ料理のメニューにサラダはありません。少食なら、ポケ、フレッシュ トマトと玉ねぎ入りのロミ サーモン、グルテンフリーの透き通った麺を使ったシンプルなスープ料理「チキン ロング ライス」をおすすめします。

食後はハイキングやショッピングを楽しむも良し、ビーチで過ごすも良し。お昼寝するのも良いでしょう。たっぷり食べた後に襲われる眠気を現地では「カナック アタック」と呼びます。どうぞご用心あれ。

pipikaula

ハワイアン フードのごちそう、まずはこちらから。

ポイ: 蒸したタロイモをつぶして水と混ぜた料理

カルア ピッグ: イム (地面を掘って作ったオーブン) でローストした豚肉を細かくほぐした料理

ラウ ラウ: ハワイアン ソルトで味付けした豚肩かたまり肉を柔らかいタロの葉で何層にも巻き、ティーの葉に入れて蒸した料理

ロミ サーモン: 塩漬けサーモン、生トマト、ホワイト オニオンの角切りを混ぜ合わせた歯ごたえの良い料理。具の大きなサルサといった雰囲気もあります

スクイッド ルアウ: タロの葉をココナッツ ミルクで調理し、細かく切ったイカやタコを加えたもの

ポケ: 新鮮な魚を角切りにし、醤油、ごま油、玉ねぎなどで和えた料理。Whole Foods や Safeway などのチェーン店も含め、ハワイの大抵の食料品店ではサラダ バー形式でポケを買えます

ピピカウラ: 醤油などの調味料に漬けて乾燥させた薄切りの牛肉。ビーフ ジャーキーに似たものが一般的ですが、ヘレナズ・ハワイアン・フーズの特製ピピカウラは、他よりも柔らかく、肉もたっぷり味わえます

ハウピア: ココナッツ ミルクのプリン。四角くて、デコレーションのないシンプルなデザートです。ハウピアは「別腹」です。

著者 Mari Taketa

写真提供 Mari Taketa

September 8, 2017