特集記事

イベント

ハワイアンスタイルで楽しむホリデーシーズン

冬でも爽やかな晴天に恵まれるハワイでは、ホリデーシーズンに向けてさまざまなイベントが行われます。

honolulu city lights
ハワイ州の各地で行われる、家族みんなで楽しめるイベントをご紹介します。 日時は変更になる可能性がありますので、お出かけの前に必ずご確認ください。

オアフ島

ワイキキ・ホリデー・パレードは毎年、感謝祭明けの金曜日 (今年は 11 月 27 日) に開かれる、クリスマスムードを一気に盛り上げるイベント。

オアフ島でのクリスマスシーズンがこれで本格的に始まると共に、1941 年 12 月 7 日の真珠湾攻撃で生き延びた人々と、第二次世界大戦の退役軍人たちの栄誉を称えます。

 

写真提供: Gateway Music Festivals & Tours

華やかなワイキキ・ホリデー・パレードが、感謝祭翌日にカラカウア通りを練り歩きます。

パレードは午後 7 時に開始。フォートデルッシーからカピオラニ公園までの道のりを進むのは、米軍兵士やフラダンサー、ハワイやアメリカ本土のバンド。さらにホノルルの要人たちも、華やかに飾られた乗り物で登場します。

このパレードは 1998 年にジェイク・ペッパーズ氏によって始められました。ペッパーズ氏は、1980 年代後半にフラボウル (シーズン後にホノルルで行われる大学フットボールの試合) のマーケティング ディレクターを務めた人物です。 現在はテネシー州タウンセンド在住ですが、ワイキキ・ホリデー・パレードを盛り上げるために引き続き尽力。全米の高校・大学のバンドに対して、この催し物に参加し、アメリカやハワイの歴史を学ぶように呼びかけています。

ワード・ビレッジで、盛大な「Mele Kalikimaka (ハワイ語でメリークリスマスの意)」を楽しみましょう。

サンタのビーチハウスは、感謝祭の日を除いて 11 月 21 日から 12 月 24 日まで毎日オープン。陽気なサンタクロースと、カラフルな背景で写真撮影ができます。

11 月 21 日と 22 日の「サンタ・ポーズ」は、ペットたちもサンタクロースと記念撮影ができるチャンス。集められた募金は、ハワイの動物愛護協会 Hawaiian Humane Society に寄付されます。

写真提供: ワード・ビレッジ

12月 6~30 日の夜に行われるホノルル・シティ・ライツ・トロリー・ツアーでは、ワード・ビレッジのホリデー・ライト・ショーと、きらびやかに飾り付けされたホノルルのダウンタウンを巡ります。

12 月の毎週末に開催されるコンサートもどうぞお楽しみに。12 月 16 日にはケイキ・コートヤード・シネマにてディズニーの大ヒット映画『アナと雪の女王』が上演され、観客たちも一緒に歌うことができます。 このイベントは日没時に、ハワイ・チルドレンズ・ディスカバリー・センターのスタッフによる教育的なアクティビティから始まります。

ハワイでは、赤鼻のトナカイとその仲間たちがソリを引く必要はありません。サンタはアウトリガー カヌーに乗ってやってきます。

 

写真提供: ヒュー・ジェントリー氏

12 月 12 日の朝 9 時にはアウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾート前のビーチに、そしてクリスマス イブの午後 4 時 30 分にはハレクラニ ホテルに、カメラを持って集まりましょう。「これぞハワイ」というスナップを撮影して、お友達やご家族にも楽しさをお裾分け。

 

写真提供: ハレクラニ

ハレクラニではサンタの仲間である妖精たちが、杖の形をしたキャンディを子どもたちにプレゼント。アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートでは、ケイキ (子どもたちによる) フラダンス ショーや、ロビーでの無料の記念撮影も楽しめます。

12 月 5 日の夜、ホノルル・シティ・ライツのオープニング ナイト会場を見つけるのはとても簡単。 人々の笑顔があふれている場所を探せば良いだけです!

 

写真提供: Hawaiian Airlines

午後 4 時に、スカイゲート (市庁舎ホノルル・ハレの近くにある高さ 7 メートルの抽象的な彫刻) の周りで、食べ物の屋台や移動遊園地の乗り物がオープン。

午後 6 時にはエレクトリック・ライト・パレードが開始。フロート (山車) やマーチング バンド、飾り付けをされた公共車両 (バスや救急車、ごみ収集車など) が、アアラ公園からホノルル・ハレまでの道のりを進みます。

午後 6 時 30 分、ホノルル市長カーク・コールドウェル氏が市庁舎前にて、巨大なクリスマス ツリーを飾るライトのスイッチを入れ、美しいリースやツリーの展示が始まります。 素晴らしい夜の締めくくりは午後 7 時 30 分に始まるコンサート。人気バンド「カペナ」がスカイゲートにて生演奏を披露します。

その他にもホノルル・シティ・ライツのイベントがいくつも予定されています。たとえば、オーナメント作りのイベント (12 月 12 日午後 6 時、ホノルル・ハレ東側のシビック・センター・グラウンド) やサンタとの写真撮影 (12 月 18 日および 23 日午後 7 時、ホノルル・ハレの中庭)、ムービー ナイト (12 月 19 日午後 7 時、シビック・センター・グラウンド) など盛りだくさん。

「オハナ・フェスティバル」で、申 (さる) 年の幕開けを祝いましょう。このニュー イヤーズ イベントはモイリイリにて1 月 10 日の午前 10 時から午後 4 時まで行われます。

ハワイ日本文化センター (JCCH) では、盆栽や折り紙、空手、剣道、茶道、組み紐 (糸を編む日本の伝統工芸) の実演など、さまざまなアクティビティが楽しめます。

工芸品フェアや焼き菓子の販売、「Okage Sama de (おかげさまで)」と題された歴史ギャラリーの無料見学もお楽しみください。

近くにあるモイリイリ・ネイバーフッド・パーク (1115 Isenberg Street) では、お子様向けのゲームやトランポリンなどの遊具、餅つきの実演に、お寿司やワッフル ドッグ、お好み焼きなどの屋台もそろいます。

また、両会場にて和太鼓や日本舞踊、琉球舞踊のショーが行われます。

 

写真提供: ハワイ日本文化センター、ブライアン・Y. サトウ氏

マウイ島

1924 年、マウイの銀行家であるチャールズ・デクスター・ラフキン氏が、素晴らしい下見板張りの家を建てました。天井は高さ 3 メートル。面取りガラスをはめ込んだドアに、オヒアとユーカリで仕上げたフローリングの床を備えた 2 階建てのこの家は、息子に嫁いだ女性への結婚祝いでした。

ハワイの州史跡にも登録されているこの家屋は、今では受賞歴を誇るベッド&ブレックファストに。所有者であるフェアバンクス夫妻、トムとジャニスはこの宿泊施設をオールド・ワイルク・イン・アット・ウルポノと名付けました。

レイ・オブ・アロハは、この宿で夫妻が毎年開催する、ハラウ フラ (フラ スクール) 「パウ・オ・ヒイアカ 」のためのチャリティー イベント。

12 月 5 日の午後 1 時から 4 時まで、この歴史ある家屋を見学し、音楽やフラのパフォーマンス、詩の朗読、レイ作りの実演を楽しむことができます。

彫刻を施したガラス細工や、リリコイ (パッション フルーツ) のバター、手作りのラウハラ編みの飾りといった、お土産にぴったりの品が多数販売されています。ジャニスの自慢のチキン サラダなど、自家製のオノ (美味) な軽食を召し上がりながらご覧ください。 入場料はお 1 人様 30 ドルです。

12 月 12 日午後 4 時 30 分から 7 時 30 分は、ぜひアップカントリー マウイことマウイ島の内陸部でお過ごしください。 この日はマウイ・ワインが、ウルパラクアの木陰に彩られた美しい広場にて、第 2 回ホリデー・ツリー・ライティングを開催。

イベントの幕開けは、高さ 7 メートル近くあるパイン ツリーへの点灯。その後、星空の下でファミリー向けの映画 (詳細は後日発表) が上映されます。

ライブ ミュージックやお子様向けのアクティビティの他、ウルパラクア・ランチ・ストア・アンド・グリルによるお飲物や軽食の販売も予定されています。

入場無料ですが、マウイ・フード・バンクへの寄付として保存食の缶詰をお持ちください。 なお、アップカントリーの夜はかなり冷えますので、上着の用意をお忘れなく。

カウアイ島

普段はのんびりとした雰囲気のリフエの街が、12 月 4 日の午後 6 時 30 分、にわかに活気付きます。ライツ・オン・ライス パレードが始まり、メイン ストリートであるライス ストリートに集まった観衆たちを沸かせるのです。

今年は過去最高となる 60 団体以上、約 2,000 人が参加。クリスマスシーズンの賑やかさを分かち合います。

パレードの終着点となるヒストリック・カウンティ・ビルディング (4396 Rice Street) では、クリスマス キャロルの合唱やパフォーマンスに加えて、工芸品やフードの販売、サンタとの写真撮影が楽しめます。また、フェスティバル・オブ・ライツも見逃せません。オーナメントや人形、クリスマスが展示されているのですが、それらは主に瓶のふたや卵パック、発泡スチロールのカップ、空き缶、ペットボトルといったゴミで作られているのです。

開催は 12 月中の金曜、土曜、日曜と、クリスマス イブおよび 12 月 26 日の午後 6~8 時です。

島の西部にあるワイメアの町にも、クリスマスを祝う独自のイベントがあります。

賑やかな草の根イベント、ワイメア・ライテッド・クリスマス・パレードは、12 月 19 日の午後 6 時 15 分にスタートします。一般家庭が製作したフロート (山車) も、企業が出資した作品に匹敵するくらい手が込んでおり、楽しい工夫でいっぱい。

早めに到着して、ギフト アイテムやオーナメント、本物の木を使ったリースを見て回りましょう。

フード スタンドでは、この地域を代表する人気料理が販売されています。 スモーク ミートや、回転式の串でローストされるフリフリ チキン (「フリ」とはハワイ語で回転の意)、カウアイ島でしか味わえない「フライイング ソーサー」と呼ばれるチーズ入りのスロッピー ジョー (炒めたひき肉をハンバーガー用のバンズで挟んだもの) など、ローカルグルメが勢ぞろいします。

パレード後にホフガード パークで開かれるパーティーの目玉は、ウォーリー・リタとロス・カウアイアンズが深夜まで演奏するカチカチ ダンス ミュージック。 「カチカチ」というのは、ギロというプエルトリコの打楽器が奏でる摩擦音を日系人が表現した言葉です。

ハワイ島

今年で 55 回目を迎えるワイメア・クリスマス・トワイライト・パレード。地域の人々が一体となって、コールド・カントリー・クリスマス (言葉遊びとして Kold Kountry Christmas とスペリング。ワイメアはクリスマス時期に気温が下がります) を祝います。