戦艦アリゾナ記念館

真珠湾攻撃の記念碑

1941 年 12 月 7 日 (現地時間)。

フランクリン・D・ルーズベルト大統領はこれを、「後世に残る屈辱の日」と表現しました。

日本軍がこの日行った真珠湾およびオアフ島の軍事施設の攻撃は、多くの死者や負傷者を出し、アメリカを第二次世界大戦へと追い込みました。

アメリカの戦艦アリゾナは、その乗組員 1177 人の大半が命を落とした場所です。1962 年に記念碑となった戦艦アリゾナ記念館は 56 メートルほどの長さがあり、沈没した戦艦の中ほどをまたぐような形で建てられています。慰霊のため内部に設けられた大理石の壁には、死亡した乗組員全員の名前が刻まれています。

記念館のツアーは、この攻撃にまつわる人々や政治的思惑を描き出した 23 分間のビデオ上映から始まります。ビデオを見た後、見学者はシャトル ボートで記念館へと移動します。沈没した船からは今なおオイルが漏れ続けており、水面に浮かぶその光沢はアリゾナの涙と呼ばれています。この記念館は 1966 年、米国国家歴史登録財に指定され、戦艦自体は 1989 年に国定歴史建造物となりました。

戦艦アリゾナ記念館のチケットは、パールハーバー ビジター センターにて毎日朝 7 時から先着順で 2000 名以上に無料配布されています。記念館へのシャトル ボートは、米海軍により毎日朝 8 時から午後 3 時まで運航されています。