ハワイ旅行計画ガイド

二酸化炭素排出量を削減するためにできること

ハワイ諸島の美しい自然は、一人ひとりの心がけで守ることができます。

00_Home-Hero.png

上:このようなパノラマビューは、大地を尊重し、自然と調和して生活しているからこそ楽しめるもの。

貴重な景色。 お金には代えられない価値。 ハワイに到着したら、島の壮大な環境に驚愕し、感動を覚えることでしょう。 もちろん、この唯一無二の風景は一夜にして形作られたわけではありません。 およそ450万年前にハワイ諸島ができてから、長い年月をかけてじっくり作り上げられたものです。 プレートの移動や数々の火山噴火を経て、ハワイ諸島は溶けた熱いマグマによって形成されました。 その溶岩が冷えて固まったのが、今日の自然に満ちた美しいハワイです。



シダの植樹

バケーション中にエコツアーにも参加したいという方のために、ハワイで楽しめるエコツアー・ベスト9をご紹介します。

詳細はこちら

島々の誕生を知ることはとても大切です。
なぜならそれが島を守りたいという
気持ちにつながるからです。 母なる自然は
私たちすべての人間に、珍しい黒砂の
ビーチや高くそびえる壮大な山々といった
信じがたいギフトを授けてくれました。 私たちがそれらを正しく保護しなければ、
美しい自然がいつでもそこにあるという未来は
ないかもしれません。

私たちの多くは、私たちを取り巻く環境がとても壊れやすいものであることを知っています。そのためエコツーリズムは近年これまでになく人気を集めています。 エコツーリズムでは手付かずの自然が残るエリアを、汚すことなく体験することができます。 ハワイ諸島に住む人々は、地元産の食材や地元で作られた商品を使うことでこの取り組みを実践してきました。 近くのファーマーズマーケットに足を運べば、新鮮な農作物や島で作られた商品がずらりと並んでいる様子を目にするでしょう。 今では住民の多くが、家族のために自分で野菜や果物を育てたり、魚を釣ったりしています。

ハワイでは私たちが取る行動
一つひとつが島の環境に影響を
与えます。 釣り糸がクジラに絡まるということが
度々起きていますが、これは回遊してくる
ザトウクジラにとって大きな問題です。 海中を
漂うビニール袋に海ガメが入ってしまう
ということもよくあります。 また、現在魚は大量の
マイクロプラスチックを摂食していますが、
その魚は私たちがシーフードとして口にするものです。 
海に溶け出す日焼け止めの化学物質は、
美しいサンゴ礁に多大なダメージを
与えてきました。 ハワイの鳥類も年々姿を消しています。

このように悲劇的な出来事が起こっていますが、私たちが責任を持って行動することで事態を変えることができます。 ここでは環境に優しい旅行者になるためのヒントを紹介します。

  • ゴミは必ず持ち帰り、配慮して処分する
  • ハワイのサンゴ礁を守るため、環境にやさしい日焼け止めを使用する
  • 地元の企業を支援し、地元で作られた商品や食べ物を購入する
  • お土産にステンレスボトルを購入し、外出の際には常に持ち歩く
  • ウミガメやモンクアザラシに出会ったら、十分な距離を取り、離れたところからそっと観察する
  • 環境に気を配り、自分がどのような影響を与える可能性があるかを考える

では、楽園の島を歩く際に二酸化炭素排出量を減らすにはどうすれば良いでしょうか。 この特別な場所に与える影響を意識して、慎重に歩きましょう。 持ち込んだものは必ず持ち帰り、訪れている地域やそこに住む人々を尊重しましょう。 母なる自然がその素晴らしい世界にあなたを招き入れてくれたのですから、礼儀正しいゲストでいることを意識して、常にアロハの気持ちを示しましょう。

著者 Hawaiian Airlines Editorial Staff